isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)とは
 乳がんは女性がかかるがんでは最も多いがんです。生涯で9人に1人がなるとされています。しかし早期に発見し、適切な治療を受ければ、命を落とすことは少ないがんです。
 乳がんの治療は、乳房を全て切除する全摘と、がんとその周囲を扇状に切除する温存があります。温存手術の実施は、切除後の乳房が大きく変形しない事や、放射線療法を行うことが条件となります。
 失った乳房を作り直す再建手術は、自分のおなかや背中の筋肉、脂肪を移植する自家再建と、人工乳房を使う方法があります。2019年7月、人工乳房に特殊な血液がんを発症させるリスクをあるとして、製品が自主回収され、この影響で人工乳房の手術が一時中止となりました。
 そして、遺伝医療として、2020年4月、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の診療に、公的医療保険が使えるようになりました。
 乳がんや卵巣がんになりやすい遺伝子変異を持つHBOCは、遺伝子検査で診断できます。HBOCと診断された乳がんや卵巣がんの患者が新たながんの発症を防ぐための対策(例えば、未発症の乳房や卵管、卵巣を予防的に切除する手術・早期発見に有効なMRI検診など)が保険の対象です。
 
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:49 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS