isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アメリカで生まれた「父の日」〜6月16日(日)
 今から100年以上前に、アメリカのフィラデルフィアに、アンナ・ジャービスという女性がおり、その母親は1905年の5月に天国に召されました。
 母親を深く愛していたアンナは、1907年、母親の命日に、ウェストバージニアの教会で「母の日」を祝いました。
 これが、5月の第2日曜日だったのです。支援者と共に「母の日」を普及しようとする運動が次第に広まって行き、1911年までには、ほとんどの州で「母の日」が祝われるようになりました。
 日本では、大正時代に始めて「母の日」が祝われましたが、一般に普及して行ったのは、第二次大戦後のことでした。
 一方、「父の日」もアメリカで生まれました。1909年、ワシントン州のソナラ・ドッドという女性が、「父の日」もあるべきだと考えたそうです。
母親の亡き後、ソナラと5人の兄を男手一つで育ててくれた父親を敬愛していたからだと伝えられています。父親が6月生まれだったため、6月に「父の日」を祝う礼拝をしてもらった…。
 この日が、1909年6月19日で、第3日曜日だったのが始まりですが、実際に国民の祝日として定められたのは、1972年のことなので、「母の日」に比べて、随分遅れてのことです。
 今度の日曜日は「父の日」です(*^_^*)。毎日家族のために働いてくれるお父さんに感謝しましょう〜!(^^)! 私は、日曜日にお墓参りに行き、いつも見守ってくれている亡き父に感謝です。

| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:29 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS