isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
連続不審死「患者中毒死事件」 31歳元看護師を逮捕
 横浜市神奈川区の大口病院で平成28年(2016年)年9月20日、4階病室に入院中の当時88歳の男性患者(Aさん)が亡くなり、体内から界面活性剤の成分が検出された事件…。その後の捜査で、同月18日に同じ病室で亡くなった男性患者(Bさん)からも同じ成分が検出されました。
 2人の死因は中毒死で、界面活性剤の成分は消毒液「ヂアミトール」に含まれるものと同タイプで、神奈川県警は同月、何者かが点滴などを通じて患者の体内に消毒液を混入させた殺人事件とみて捜査本部を設置し、捜査していました。
 神奈川県警は、7月7日、うち1人の患者の体内に界面活性剤を主成分とする消毒液ヂアミトールを注入して殺害したとして、同病院の元看護師、久保木愛弓容疑者(31)=横浜市鶴見区=を殺人容疑で逮捕。
 捜査関係者によりますと、久保木容疑者は消毒液を注入したことを認めたうえで、任意の事情聴取では「入院患者20人ぐらいにやった」との趣旨の話をしているようです。
 逮捕された看護師は、点滴の側管から「側注(側管からの注入)」をした可能性が高く、多臓器不全を起こし死亡した疑いがあるようです。



 当院では、事件以来、薬剤(特に点滴)の取り扱いに気を配り、外部からの侵入により薬剤や注射器などが持ち出されないように、施錠が可能な薬剤管理室で管理していました。
 事件の内容を聞いていると、内部(看護師)が関わっているのでは…と想定はしていましたが、あまりにも身勝手な動機に驚きです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:13 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS