isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
残り福 西宮神社の福笹「福袋」の中身は??
 昨晩、息子が福笹を買って来てくれました。毎年、本戎の際に西宮神社に行っているようです。
 高校時代の3年間、西宮神社で巫女のアルバイトをしている頃、福笹売り場を担当(正月)。当時はお正月にも福笹が売られていました。
 福笹を買い求める人から色々質問がありました。「あの袋の中身はなんですか〜?」との質問…。「福」と書かれた袋の中身を聞いているようです。
 答えに困った私は、「福がいっぱい入っていますよ〜」と答えたこともありましたが、当時、神社の神主さんに尋ねたところ、お米が数粒入っているそうです。なぜお米なのか?までは聞いていませんが…。
 商売繁盛、家内円満、開運招福など「福」を求めて遠方から10本、20本と買い求める人もいました。今日は「残り福」今年一年皆さまのもとに「福」が来ますように…。



〜福笹Q&A(西宮神社公式ホームページより)〜
Q どんなご神徳(ご利益)がいただけますか?
A 福の神えびす様のご神徳(ご利益)から、商売繁盛、家内安全、開運招福を始め、受けられた方の願いを叶え、あらゆる福を招きます。
Q どのようにおまつりすれば良いですか?
A おふだと同様、笹の正面が南か東を向くようにし、神棚、もしくは目線より高く清浄な場所(玄関でも可)に立て掛けるか、壁に貼り付けるようにしておまつり下さい。
Q どうして笹なのですか?
A 諸説ありますが、笹は常緑で生命力に満ち溢れ、殺菌や薬用の効果があることから、古来より、神社ではお清めなど様々なことに用いられてきました。また、えびす様が竹の釣竿も持っておられるということ、そして真っすぐに伸びる竹の姿は縁起が良く、商売人の正直な心を象徴しているともいわれることから、福の神えびす様の縁起物として用いられるようになりました。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:45 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS