isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
血液中マイクロRNA 13種類がんの早期発見
 「世界に類のない検査法」と国立がん研究センターの分子細胞治療研究分野の研究者は強調する検査法とは…。
 8月から臨床研究を始めたもので、わずか1滴の血液で13種類のがんを早期発見する新たな検査法です。
 検査の手がかりは、血液中の「マイクロRNA」という微小物質で、特定の種類のマイクロRNAを分泌していることに注目した研究です。 
 研究は、2014年に開始。がん患者とがんでない高齢者の計4万人の血液で、がん種ごとのマイクロRNAの分泌パターンを調べて来ました。
 その結果、日本人に多い、乳房、大腸、膵臓、胆道、食道、肝臓、卵巣、肺、胃、膀胱、前立腺のがんと、脳腫瘍の3割を占める神経膠腫、希少がんの骨軟部腫瘍のパターンを突き止めました。
 国から80億円の研究費を得ている研究で、体への負担が軽く、簡便で正確にがんを早期発見することが検査の最大の目標です。
 これほど多くのがんを一度に調べられる技術はなく、早い段階での治療につなげていけ、早ければ3年以内に国に事業化を申請する計画です。



〜マイクロRNA〜
 細胞で遺伝子の働きを調整する微小物質。人間では2588種類見つかっており、うち、約500種類の脂質の袋に包まれて血液の中を漂っているとされる。がん細胞と正常な細胞でマイクロRNAの種類が異なる。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 21:47 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS