isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
台風は暴風域を保ちながら 22時に兵庫県に再上陸
 本日、22時頃、大型の台風18号は、兵庫県明石市付近に上陸しました。台風はこのあとも暴風域を伴ったまま北東に進み、今夜近畿から北陸を直撃する予報です。
 明日は、来週行われる「敬老のつどい」の準備を行います。潮江地区の敬老の集いは、過去、平成24年に台風17号により中止になったことがあります。24日(日)は台風の影響なく実施されるようで安心しました。



 台風は、自分で進路を決めることができません。そもそも台風自体に移動する力は無く、周囲の風と高気圧の影響を受け、進路を変えるのです。日本に来る台風に大きな影響を与えるのは、偏西風と太平洋高気圧です。
 日本のはるか南のフィリピン沖の海上あたりで発生した台風は、北半球の対流の影響により、基本的に北向きに流されつつ、「貿易風」という東から西に吹く風の影響で北西向きに進んで行きます。
 日本付近に常に西から東に吹き続ける前述の「偏西風」の影響により、台風はその進路を急激に西向きに変えます。
 この状態で、日本の上を通るコースになるのですが、太平洋高気圧が日本の上空に大きな勢力としてある、夏の時期は日本に上陸できず、秋頃に、太平洋高気圧の威力が弱まってくると、太平洋高気圧の縁を通って日本に近づいて来ることになります。ですので、台風は秋に多く来るのです。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:36 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS