isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
食育の取り組みにも活用 見直される学校給食
 NHKで学校給食について放送されていました。そこには、給食が教室ではなく食堂で食べている様子がありました。
 そして、食育の活用など、あれこれと工夫が成されているという内容でした。車の運転中だったので、詳しくはわかりませんが、陽があたる明るい食堂で、学年を問わず、共に楽しく食事をしている様子が映っていました。
 年上のお姉さん、お兄さんによる、「MILK」についてのお話や、「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶もみんな一緒に行うなど、食べることの大切さや、食育の大切さを自然と学んでいるようです。



 給食を教室ではなく、食堂で食べるメリットとして、衛生面や、教室に運ぶといった手間が省けるといったことがあります。
 私が学生の頃、学校給食は小学校の時で、中学校はお弁当、高校は学食がありました。当時は、牛乳が苦手で、教室内で牛乳が飲めるまで残された苦い経験があり、給食には良い印象がありません。
 朝ごはんを食べて来ない、1週間にカップラーメンを数回食べるなど、栄養が偏っている子どもも多くなっていることから、お昼の給食で、栄養を摂ることの大切さを感じている自治体もあるようです。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:41 | - | - |


CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS