isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
かかりつけ薬局にて登録 便利な電子お薬手帳「EPARK」
 EPARKお薬手帳は、スマートフォンでお薬管理ができる(常に持ち歩くことができる)電子お薬手帳アプリのこと。本人はもちろんのこと家族の方の分もまとめてこのアプリ1つでお薬管理ができます。
 お薬のデータはクラウドで管理しているので万が一、スマートフォンが壊れたり無くした場合でも、お薬のデータは消えることはないので安心です。
 2016年4月に改正した診療報酬制度では、調剤薬局へ行く際にお薬手帳を持参すると、実質負担金を値引きするという制度になりました。
 お薬手帳を利用するだけで負担金の減額に繋がる仕組みは、 薬剤師が説明や指導をすると共に、薬剤服用歴に記入をする行為の薬剤服用歴管理指導料があるのですが、この報酬は500円に設定されています。
 お薬手帳を持参した時には、120円安い380円となり、自己負担金額は1割負担の場合は10円、3割負担の場合で40円軽減されるのです。



〜月に1回通院した場合(差額は以下)〜
10歳で60年=720回×40円=28,800円
30歳で40年=480回×40円=19,200円
50歳で20年=240回×40円=9,600円
 これに、加齢に伴い眼科や皮膚科など複数の診療をある程度定期的に受けることになることを考慮すると、この差額金額はさらに大きくなります。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:20 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS