isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
急性咽頭炎で発熱 耳鼻科受診  一日休養
 昨日の朝から、喉の違和感があり、出勤してから徐々に痛みが出現し、業績発表の15時頃には体熱感がありました。
 業績発表を終え、熱を測ると37.6あり、かかりつけの耳鼻科に電話予約し、18時に受診しました。診断は、急性咽頭炎で、急速に悪化したのだろう…との医師の話でした。
 受診時の体温は38度になっており、処置後薬をもらい、食料を買って帰宅しました。夕食後、薬を飲み、すぐに就寝したのですが、体温が高くて頻脈、動悸を感じ寝付かれず…。 頸動脈辺りに冷えピタを貼ってクーリングし、夜中には熱が下がったようです。38度台の発熱は珍しい〜
 咽頭炎とは、口腔や鼻腔の奥にある咽頭が炎症を起こしている状態です。喉に痛みを感じ、食事をするのが困難になったりすることがあり、ウイルス感染や細菌感染、声の使い過ぎなどが原因となるようです。
 咽頭壁を鏡で見ると、昨日は赤く腫れあがったような所見で、今日は一部分水泡ができたような、まだ強い炎症所見があります。
 年間を通じて、年度末の多忙の上、季節の変わり目のこの時期は毎年体調を崩しています。ストレスや過労が引き金だと自覚しています。今日は、体温は37度台に下降したのですが、一日休養しました。

| isako | 私の時間・趣味・身近なニュース | 22:49 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS