isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
人命救助が最優先なのに… 相撲協会のアナウンスに驚き
 昨日の「アナウンス問題」にまたも揺れる相撲協会…。倒れた市長を救命しようとした女性に対し「土俵から下りて」とのアナウンス。
 この問題は、4日、舞鶴市の体育館で行われた大相撲の春巡業「舞鶴場所」で、横綱・白鵬と鶴竜の土俵入りが終わった直後、挨拶に立った舞鶴市の多々見良三市長が突然、意識を失い背中から土俵に倒れました。
 現場にいた人は「ドーンと音がして、見上げると土俵に市長が倒れていた」と話し「医者の方おられませんか」と言う声に1人の女性が土俵に駆け上がり、すぐさま市長に心臓マッサージを開始。看護師の資格があったとみられます。手前からさらに2人の女性が駆けつけます。
 そこに信じがたいアナウンスが…。「女性の方は土俵から下りて下さい。女性の方は土俵から下りてください、男性がお上がりください」と…。
 人命救助中にもかかわらず、冷淡なアナウンスに駆けつけた女性にも動揺が見られたといいます。
 アナウンスをしたのは、相撲協会の若手の行司で、「周囲の観客に促されて発言した」との証言もあるようです。



 市長は担架に乗せられ会場から運び出されますが、この後に、さらに観客が「目を疑った」という出来事が起きています。
 なんと、相撲協会の関係者が土俵に大量の塩を撒いたというのです。協会は「塩を撒いたことは確認していない」としていますが…。
 塩をまいた理由は何か… 女性が上がった後だから??女性が全員下りた後に撒いいたのでは…?という声もあります((+_+))
 幸い、市長はくも膜下出血で手術を受け命に別状はないといいます。しきたりとか規則とかあるかもしれないけど、人命救助が最優先!女性は感謝を伝えた主催者に「当たり前のことをしたまで」と話したといいます。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:42 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS