isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
インフルエンザ予防 温度20度以上、湿度50〜60%が理想
 ここ数日冷え込みが厳しくなり、空気も一段と乾燥して来ました。すでにインフルエンザA・B共に流行していますが、感染予防には、うがいやマスク、ワクチンのほか、部屋の適切な湿度と温度管理が大切です。
 インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原体とする気道感染症で、日本では毎年冬に流行します。冬場は大気が乾燥していますが、部屋の暖房によって更に乾燥がすすみ、感染を拡大しやすくするのです。
 空気中に水滴など水分が少ないと、咳やくしゃみ等で出た飛沫は遠く迄飛び、それらに乗って、インフルエンザウイルスも拡散してしまうのです。
 「ウイルス表面にはタンパク質のとげが突き出しており、人が吸い込むと喉の上皮細胞にくっつく。その後、人の細胞の仕組みを乗っ取り、増殖を開始。1個のウイルスが1日に1万個にも増える。インフルエンザウイルスは寒冷乾燥を好み、高温多湿に弱い」(瀬戸口教授)。
 1961年に研究者のG・J・ハーパー氏が「温度20度以上、湿度50〜60%で空気中での感染力が下がる」ことをつきとめています。

| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:15 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS