isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
偏食の影響か… 比重低く増える献血に協力できない人
 22日(水)献血に協力しました。400㎖献血できた人は、約2時間で22人でした。受付人数は37人ですから、15人ができなかったことになります。
 献血に協力しようとインフルエンザの予防接種を遅らせたり等、努力はしたものの、比重が足りなかった、歯の検診に行ったからできない、沖縄までなら良いが韓国、台湾旅行はだめ、体重が50kないと400㎖採血ができない等の理由で協力したくてもできない人が多かったようです。



 昨日、テレビで食生活の話がありました。今の若い人は、戦時中よりも一日摂取カロリーが低いそうです。物が豊富な時代に意外ですね…。
 理由は、仕事が多忙でゆっくり食べる時間がない、コンビニ弁当で済ませる、などで、ご飯の代わりにお菓子で済ませる人も多いようです。そんな理由から比重が低く、貧血の人も多いといった内容でした。
 私は、長年病院勤務なので、お昼ご飯は患者さんと同じ食事をもう40年間も食べています。職員食堂でのスタッフの食事を見ていると、スープにパンやコンビニおにぎりにカップラーメンの人もいます。
 病院の食事だと550円程度の定食(患者食とほぼ同じ)ですが、200円は病院が負担するので、偏食にならずにお腹いっぱい食べられると思うのですが、好き嫌いがあるので注文しないという人も多くいます。血液不足なのに、献血できる“健康な人”が減っているんですね…。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:44 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS