isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
栄養たっぷり〜優れた効能と効果「黒豆のご飯」
 仕事から帰宅後、実家に行くと、母が黒豆ご飯を炊いてくれました。丹波の黒豆を使用しているので大きく柔らかくとても美味しいです。
 黒豆は大豆と同等の栄養成分が含まれている他に、ポリフェノールのアントシアニンが含まれています。優れた効能と効果が古くから知られているのですが、最近になって、腸内を整え、血液をサラサラにし、ダイエットや生活習慣病の予防に期待ができると益々注目されています。以下に



●血液サラサラ効果(血液循環改善)
血液をサラサラにするほか、高血圧にも効果があると言われています。また頭皮の血行が良くなることで、白髪や抜け毛を改善する働き期待できます。
●糖尿病の改善
黒豆に含まれるトリプトシンインヒビターという有効成分が膵臓の働きを活性化し、インスリンを分泌する細胞を増やし、血糖値を下げ、正常に戻します。
●骨粗しょう症の予防
黒豆にはカルシウムが含まれるほかに、イソフラボンが骨からカルシウムの流出を防ぐ働きがあります。その他に含まれる豊富なビタミンB群やマグネシウムにより、膝や腰などの関節痛を緩和します。
●ダイエット・腸内環境改善効果
黒豆に含まれるガラクトオリゴ糖により、腸内の善玉菌が増えます。またペクチンやサポニン、水溶性植物繊維が含まれており、腸での脂肪や糖分の吸収を抑えてくれ、ダイエット効果も期待できます。
●老化防止・生活習慣病予防
黒豆に含まれるアントシアニンやイソフラボンなどは抗酸化作用があり活性酸素の害を予防してくれます。
●ガン予防
上記の抗酸化成分のほかに抗ガン作用があるトリプトシンインヒビターやフィチン酸も含まれています。
●更年期障害予防・緩和
黒豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあり、減少した女性ホルモンを補います。
 その他として、夜間頻尿や前立腺肥大の改善、コレステロール調整、ボケ予防、抗アレルギー作用、眼精疲労回復作用があります。
| isako | 仕事・医療・看護・健康に関すること | 22:10 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS