isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
各地で梅雨入り… 都会では見られないカエルやカタツムリ
 昨日は一日よく降りました雨…。 四国から関東甲信で梅雨入りの発表がありました。これから約1か月は、晴れ間が貴重になりますね…。
 雨に似合う花は紫陽花とカタツムリやカエルの鳴き声…。ブログでも何度も書きましたが、都会ではほとんど見ることがなくなった「カタツムリ」。
 自然が多く残っている川沿いや山林などで見かけることもあるようですが、紫陽花の葉っぱにいそうな雰囲気の大阪府内の紫陽花寺でも、カタツムリを見つけることはできませんでした。
 このところ、気になるのが「カエル」の存在…。いつ頃からか、鳴き声を聞きません。田んぼがある地域では、「卵がいっぱいでカエルの声がうるさい」と聞いていますが、数が減ったわけではないのかも知れません。
 子ども達が小学生の頃、少年野球の合宿で、「尼崎高原ロッジ」に行った時の話です。そこは自然がいっぱいで、ピョン、ピョン跳ねるとても美しいカエルを見つけました。
 色は薄い緑で、触ると壊れてしまいそうな自然にしか育たないような感じでした。



 子どもが2匹持ち帰り、自宅で飼育してみましたが、数日で自然に返してあげました。カエルは、動くものしか食べないので、餌の確保が難しいのと、育てる環境作りが困難な生き物だと感じたからです。
 街が便利になった分、緑がほんとに少なくなりました。今朝、コウノトリが巣立ったとのニュースがありましたが、いくら人工の森を作っても、そこに生き物が住み着くための環境作り(餌の確保)が基本なんですね…。
| isako | テレビ・新聞等の情報 | 22:57 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS