isako's blog

日々の自身の日記から、医療・看護の情報、地域の活動と情報を発信しています。
医療現場での様々な問題や、地域で取り組んでいる多彩な行事などをご紹介します。
ご意見ご感想は「熊谷衣佐子のホームページ」のメールアドレスから返信して下さい。
  << April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
地域の安心・安全を守る 地元警察の取り組み
 昨日の潮江社会福祉連絡協議会常任理事会で、尼崎東警察の担当警察官が、来場し、最近多発している「引ったくり」について、また振り込め詐欺についてお話がありました。
 「尼崎東街頭ハザードマップ(4月号)」では、3月に発生した引ったくりと下半身露出事件について、発生日時と場所が記されてありました。
 そして、潮江交番が発行している「交番だより」も紹介されていました。ここには、ひょうご防犯ネットのことや、春の行楽期における山岳遭難防止対策等が書かれてあります。下坂部交番、神崎交番と交番ごとの発行です。
 また、高齢者を狙った「振り込め詐欺」防止には、大金を扱う際には、「預金小切手」を使用することを勧めています。



〜預金小切手の被害防止効果〜
1.詐欺被害防止にとても有効
2.高額でも持ち運びが便利
3.お金を数える必要がない
4.受取人、支払人の手間が省ける
5.紛失や盗難があった場合も、被害が防ぎやすい
6.金融機関に支払い記録が残る
7.手元に現金を置く必要がないので安全
 「オレオレ詐欺」では、息子からや警察からと名乗り、「声がおかしい」「風邪を引いた」「犯人を捕まえたらあなたの名義の通帳が発見された」などの手口をよく使います。
 架空請求詐欺では、「名義だけ貸してほしい」「名義貸しは犯罪です」「あなたは逮捕されてしまう」など事業者や弁護士からを名乗り騙します。
 警察は、地元にどんどん出向き、地域の安心・安全な暮らしを守る手助けをしています。気になることがあれば、遠慮なく警察に相談しましょう! 
| isako | 潮江社会福祉連絡協議会 | 22:02 | - | - |


 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS